宮崎 うえむら矯正歯科

治療の必要性

咬合の異常による障害
(教科書より)
◇ 噛む能力低下による全身の健康の障害
◇ 発音の障害
◇ 顎骨の正しい発育を阻害
◇ 虫歯発生の誘因
◇ 歯周病の誘因
◇ 外傷を受けやすい
◇ 顎関節症の誘因
◇ 口腔周囲筋や舌の機能への悪影響
◇ 見た目に対するコンプレックスによる心理的障害
(当院の注目点)
当院では形態と機能との関わりに特に注目しています。
下顎の側方偏位・顔面非対称・姿勢の偏位・上顎前突・開咬・反対咬合・歯列の左右非対称などの形態の異常は、頬杖・就眠態癖・口唇咬癖・口唇陥入癖・舌突出癖・弄舌癖・指しゃぶり・食事の姿勢などの口腔習癖と強く関わっており、顎関節症・肩こりなどの不定愁訴・審美障害・発音障害を引き起こしています。
また食事中に水・お茶を飲む行為は、咀嚼回数を減少させて顎の発育が十分でなくなるだけでなく、唾液量が減少することで、口腔細菌数の減少が阻害されて齲蝕や歯周炎が生じ易くなります。
矯正治療の目標
これらの様々な障害を取り除き、理想的な機能と形態を獲得して、健康な噛み合わせと美しい歯並びを維持することです。
歯並びが良くなると、物をしっかりと噛むことができ、口の中の健康はもとより、消化を助けてからだ全体の健康にもよい結果をもたらします。
きれいにならんだ白い歯で、健康で明るく自信に満ちた生活を送る、それが矯正歯科治療の大きな役割と考えています。
治療の開始時期
ほとんどの症状は小学生ぐらいから始めることが望ましいと思いますが、治療開始年齢に制限はありません。成人・社会人になってからでも開始できます。
矯正装置の審美性
最終的に歯を並べるために装着するマルチブラケット装置には、目立たないタイプのものを使用することができます。
ジルコアセラミック
ジルコニア製
セラミックブラケット 潟oイオデント社製COBY
ほとんどの症例で使用しています。
インビザライン
インビザライン
米国アライン・テクノロジー社マウスピース型矯正装置。
インコグニート
インコグニート 3M ユニテック社取扱いの歯の裏側矯正装置。

矯正治療について

アクセス
〒880-0001
宮崎市橘通西1丁目5番30号 TIPビル201
地図
詳細地図